Web3.0による 新しいビジネスモデルの台頭

ファンドレポート Fabric Ventures

Web3.0による 新しいビジネスモデルの台頭

更新日 2019/11/27

twitter pocket
目次
  1. 1. ネイティブアセットの発行
  2. 2. 資産のホールドとネットワーク拡大
  3. 3. 投機的取引への課税(取引所手数料など)
  4. 4. ペイメントトークン
  5. 5. バーントークン
  6. 6. ワークトーン
  7. 7. その他のビジネスモデル
  8. 8. 投資家へ求められる役割の変化

この記事は、Fabric Venturesの記事、“Which New Business Models Will Be Unleashed By Web 3.0?”の中"Emerging Web 3.0 Business Models"の項目を参考にしています。
本記事の翻訳にあたって、許可をいただいたMax Mersch氏とFabric Venturesに感謝致します。

Web3.0は、最初こそWeb2.0のリプレイスにすぎなかったが、価値あるビジネスモデルを確立していくと確信しています。
この記事では、Web3.0によって生まれる新しいビジネスモデルを紹介していきます。

ネイティブアセットの発行

ネイティブアセットの発行 BTC,ETH,ZCash,Monero

ビットコインは、ビザンチン将軍問題の耐性とP2Pシステムを作り出した最初の通貨です。
ビットコインのネイティブアセットは、BTCに依存しています。
Ethereum、Monero、ZCashなども同様にETH、XMR、ZECを発行しています。

ネイティブアセットは、ネットワークの機能に必要であり、セキュリティの高さがその価値をあげています。
セキュリティの強化により、通貨に対するさらなる需要が高まり、価格と価値がさらに高まります。

資産のホールドとネットワーク拡大

資産のホールドとネットワーク拡大 BlockstreamとConsenSys

クリプトネットワークの初期にその周辺事業で設立された企業は、それぞれのネットワークを成功させ、より価値あるものにするというミッションを持っていました。
彼らのビジネスモデルは"ネイティブアセットを増やし、エコシステムを拡大させる"ことです。
BlockstreamはBitcoin Coreの最大のメンテナーとして活動し、BTCの資産から通貨の価値を作り出しています。
同様に、ConsenSysは1000人もの社員を抱え、イーサリアムエコシステムの重要なインフラを構築しています。ConsenSysは保有するETHの価値を上昇させることを目的としています。

このビジネスモデルは、企業とネットワークが完全に直結しますが、このモデルは最初の数社以外は、複製するのは困難です。
ネイティブアセットを十分に保有するためには初期に参入するしかなく、ネットワーク拡大のための労力にリターンが見合わなくなります。
例えば、中央銀行以外の米国の送金プロバイダーなど事業者が、米国経済成長のために大量のUSDを保有することは合理的ではありません。

投機的取引への課税(取引所手数料など)

10億ドル企業の取引所

次世代のビジネスモデルは、ネイティブアセットの金融インフラを構築することに焦点をおきました。取引所、カストディアンデリバティブプロバイダーなどです。
投機目的のユーザーの増加によって、CoinbaseBitstampBitmexは10億ドル企業に成長してきました。
彼らは、専売的な特徴はないものの、その流動性とブランドが大きな参入障壁になります。

ペイメントトークン

ICOによるトークンセールの台頭とともに、ペイメントトークン(支払いで使用されるトークン)のビジネスモデルのプロジェクトが増えていきました。
ネイティブトークンでしか支払いできない仕組みにし、ネットワークの成長とともに、トークン価格が上がるという想定でした。
しかし、ユーザーにとって摩擦が大きいため、2017〜2018年の間にこのモデルのプロジェクトは急速になくなっていきました

バーントークン

バーントークンの例 MakerDao、BNB、Kyber Network

収益を生んだコミュニティ、企業、プロジェクトが、常に直接利益をトークン保有者に渡すとは限りません。
Binance(BNB)およびMakerDAO(MKR)トークンの特徴は、トークンの買い戻し(buyback)とバーンすることです。
Binanceの取引手数料やMakerDAOのStability Fee(価格安定化手数料)などの収益がプロジェクトへ入ります。すると、ネイティブトークンが買い戻しやバーンされることによって、トークンの供給量が減って価格は上がります。

 Shiomei Capital創設者であるArjun Balaji氏による評価では、「BNBのバーンは、買い戻しと同じではない。配当などなく、収益を生むわけではないから区別すべきだ。」と主張しています。

ワークトーン

ワークトークン例 Keep、Augur、orchid

私たちが信頼できるビジネスモデルだと考えているもののひとつに、ワークトークンがあります。
ユーザーの摩擦を減らすために、サービス提供者にステークする義務を課して調整するモデルです。
良い例が、Augurの“REP”とKeep Networkの“KEEP”です。

ワークトークンモデルでは、サービス提供者は、収益性の高い仕事をする権利と引き換えに、一定量のネイティブトークンをステークや保証をする必要があります。この仕組みは、タクシーメダリオンによく似ています。

サービス提供者が仕事を遂行するほど、ネットワークのセキュリティは高まります。また、ワークトークンモデルはネットワークのサービス提供者による将来予測キャッシュフローによって評価されます。ネットワーク利用料と価格に基づいてモデル化できます。

ワークトークンについての詳細は、Fabric Venturesによる過去の考察記事を参照してください。

その他のビジネスモデル

デュアルトークンモデル、ガバナンストークン、セキュリティトークン まとめ

デュアルトークンモデル

MakerDaoのMKRとDAIのように2つトークンがあるモデルです。
一つは価格が上下し、もう一方は取引用のため価格が安定しています。

ガバナンストークン

手数料や開発の優先順位などに対して投票などによって影響を与えられるトークンです。フォークに対する保険にもなるため評価されています。

セキュリティトークン

既存の資産(株、商品、請求書、不動産など)をトークン化したものです。
原資産に対し、流動性と分割可能性のプレミアムがついて評価されます。

Web3.0による 新しいビジネスモデル Tech 4 Tokens、流動性プロバイダーなど

取引の拡張機能に手数料を取るモデル

スケーラビリティやトランザクションの秘匿性などの機能拡張の利用と引き換えに少額の取引手数料がかかるモデルです。
BloXrouteAztec protocol などがあります。

Tech 4 Tokens 

Starkwareチームによって提案された、技術の利用とトークンを交換するモデルです。
彼らが提供する技術が使われているプロジェクトから報酬が得られるという仕組みです。

UI/UXの提供

プロトコルに対してUI/UXを提供し、少額手数料やサービスへの紹介をもらうものです。
Veil”や“Guesser”がAugurに、BalanceはMakerDaoに対して提供しています。

ネットワーク特有のサービス

たとえば、
・ステーキングプロバイダー(例:Stakes.us
MakerDaoのCDPの保有
OpenBazaarOB1のようなマーケットプレイス管理サービス
など。

※DAIを発行するための担保をロックするスマートコントラクト。Collateralized Debt Positionの略。

流動性プロバイダー

流動性プロバイダーとは、金融用語でもあり、その名の通り流通を高めるための役割をすることです。これは収益を生むビジネスモデルを持たないものです。
たとえば、Uniswapは自動マーケットメイカーですが、流動性ペアを生成したときの手数料でしか収益を得ません。

投資家へ求められる役割の変化

web3.0時代の新しいビジネスモデルが台頭していくなかで、従来のベンチャー投資から投資家や資本自体の役割が進化しています。
資本は、ネットワーク内のネイティブアセットへ変化してその役割を果たします。

従来の投資のような受動的なネットワークへの参加から、自動作用するネットワークへの参加という変化があります。
投資家は、信頼が最小化された分散ネットワーク上で、自分の役割を考え直す必要があります。
たとえば、ネットワークを推進するようなマイニングや流動性の提供や、ガバナンスやCDPリスク評価などの主体的な参加が必要です。

Web1.0やWeb2.0でも、適切なビジネスモデルを見つけるために実験を繰り返してきました。Web3.0でも同様に困難な実験を繰り返さなければならないが、適切なビジネスモデルを見つけたら非常に強力です。
従来のフレームワークには、適合しないかもしれないため、投資家は新しい役割を担い、投資しなければなりません。