Multicoin Capital レポート”Crypto Mega Theses”から見る今後のトレンド

ファンドレポート Multicoin Capital

Multicoin Capital レポート”Crypto Mega Theses”から見る今後のトレンド

更新日 2019/11/27

twitter pocket
目次
  1. 1. 概要 Multicoin Capital 3つの投資テーマ
  2. 2. Open finance(オープンファイナンス)
  3. 3. Web3
  4. 4. Global, state-free money(無国籍通貨)
  5. 5. まとめ

Multicoin Capitalのレポート”Crypto Mega Theses”を翻訳、要約します。
レポートの中で彼らは今後10年は3つの大きなテーマに積極的に投資していくと宣言しています。
クリプトファンドが張っているトレンドを追うことは、未来がどうなるか予測するうえで非常に有用です。

概要 Multicoin Capital 3つの投資テーマ

multicoin capital 投資テーマ

Open finance

Open financeは、金融サービスをオープンにし、資本市場によりアクセスしやすくすることです。
Open financeを実現するうえで、重要なのは、金融サービスをモジュール化することです。

Web3

Web3は、ユーザーが自分のデータを管理することです。
FacebookやGoogleなどのWeb2では、データの所有者とサービス提供会社が同じでした。
Web3では、データの所有者とサービス提供者を分離することで、独占を防ぎます。

Global, state-free money

Global, state-free moneyは直訳すると無国籍通貨ですが、狭義では、Bitcoinのようなデジタルゴールドなどのことです。
Global, state-free moneyによって100兆ドルの市場が生まれると見積もっています。

これら3つに共通することは、信頼を減らすことです。
現在の経済はすべて信頼を前提として成り立っています。例えば、銀行、政府、保険会社、GAFAなどの企業を信頼しています。
しかし、情報漏洩などのすべてのリスクは信頼に基づいています。
信頼によるリスクをなくすことで、生産性の高い経済や社会を創造できます。

Open finance(オープンファイナンス)

DeFi(decentralized finance)とも呼ばれますが、Multicoin Capitalは、非中央集権的か否かは投資の論点ではないのでOpen Finance(オープンファイナンス)という表現で統一しています。

Open financeオープンファイナンスのポイント

金融サービスのモジュール化

オープンファイナンスを実現するうえで、重要なのは、金融サービスをモジュール化することです。
モジュール化とは、頻繁に使う機能をひとまとめにして提供し、他の開発者が使えるようにすることです。これによって、誰でもオープンファイナンスプロトコルを基盤として、サービスの構築ができるようになります。

たとえば、BlitzPredictは、Augur、0x、Makerなどのプロトコルの上に構築されています。BlitzPredictは、スポーツ賭博の取引所です。Augurプロトコルによって予測市場を構築し、0xプロトコルによってユーザー同士の取引をし、MakerプロトコルのステーブルコインDAI建てで取引できるようになります。

金融サービスを組み合わせることにより、最小限の信頼でサービスを構築しています。

だれでも金融市場に参加できる

また、オープンファイナンスによって、銀行口座を持たない人(アンバンクト)などだれでも金融市場に参加できるようになります。
たとえば、UMAプロトコルは、分散型のプラットフォームで、仲介者を介さずに手数料なく金融商品の取引を可能にしています。UMAは、最初の商品としてUSStocksというS&P 500の価格に連動したERC20トークンを発表しました。これによって、インターネットにアクセスできる人はだれでも米国の株式市場に参加できます。

アンバンクトは、世界に25億人以上います。また、世界中のアンバンクトの市場、40~50億ドル(約4,000〜5,000億円)がデジタルマネーにアクセス可能になります。

オープンファイナンスは、理論上の話だけではありません。2018年1月〜2019年4月の18ヶ月の間にオープンファイナンスのスマートコントラクトにロックされている金額はゼロから4億ドル(約400億円)まで増えました。

Web3

Web3は、ユーザーがスマートコントラクト上で自身のデータを所有、管理することです。
これによって、データの独占が崩れ、データ所有者とアプリケーションのサービス提供者が分離することが一番大きな変化です。

web3について、「ユーザーはプライバシーやデータの所有権がだれでも構わない」という議論があります。web3は、ユーザーの事情ではなく、起業家や開発者が採用することによって広まっていきます。彼らは、web2の企業への依存を危険視しています。たとえば、Zyngaは、Facebookがフィードにゲームをあまり表示しないアルゴリズムへ変更してから株価が暴落しました。

Multicoin Capital 投資先のTariプロトコルは、デジタル資産の発行のプロジェクトです。
デジタル資産の管理、使用、転送を可能にすることで、コンサートやライブイベントのチケット詐欺や転売の問題を解決しています。
彼らは、web2企業の独占を信頼できないので、web3上に構築しています。

Multicoin Capitalは他にもThe Graph、Keep、 Livepeer、 SKALE、 Spring Labs、 StarkWare、TextileなどWeb3スタックのインフラに投資しています。

Global, state-free money(無国籍通貨)

無国籍通貨は、信頼を最小化していて、大きな市場を生みます。
フィアットは、お金を管理する国家機関を信頼する必要があります。

どの通貨が無国籍通貨になりうるでしょうか。
無国籍通貨になる通貨(の過程)について3つの仮説があります。

1) SoV説

マネタリーポリシー(金融政策)が最も重要で、最もインフレ率が低い通貨が勝つというものです。
この意見は、主にビットコインのマキシマリストによって支持されています。

2) ユーティリティトークン説

最もよく使われる通貨が無国籍通貨になるというものです。
この説は、オープンファイナンスやweb3のスマートコントラクト開発者に主に支持されています。しかし、彼らは無国籍通貨になることを最重要視しているわけではありません。

3) ステーブルコイン説

価格の安定が必要であるとする説です。
しかし、国際金融のトリレンマを解決できないため、この説は違うのではないかと考えています。

私たちは、ユーティリティトークン説が最も有力だと考えています。多くのアプリケーションで使われる通貨が無国籍通貨になるでしょう。

私たちは、オープンファイナンスとWeb3のビジョンを実現するスマートコントラクトプラットフォームやインフラに投資しています。
現在、イーサリアムがマーケットリーダーですが、イーサリアムが勝つのは当然ではなく、分散したポートフォリオを組んでいます。

まとめ

信頼はすべての金融サービスの基盤です。
しかし、クリプトエコノミクスによって、大規模な経済の調整がトラストレスにできるようになりました。
信頼が必要だという前提を再検討する
ことで、莫大な経済価値を生み、大きな投資機会があります。