Grin FUD判定

匿名通貨 Grin

Grin FUD判定

更新日 2019/07/04

twitter pocket
目次
  1. 1. 取引所の価格操作
  2. 2. 資金難
  3. 3. Github 開発進捗

取引所の価格操作

Redditで、Hotbitが価格操作のためにGrinの取引量を偽装したというスレが立っていました。
しかし、Hotbitのスタッフを名乗る人はこのスレで、契約しているGrinのマイナーからIOUとして借りることで償還可能であり、詐欺ではないと言っています。

資金難

開発費用を集めるために、寄付を募っていましたが、ほとんど集まらずに資金難に陥っていました。
今回は、寄付が集まり解決されたようですが、資金の供給源が寄付の他にないため、また資金難により開発が滞ることは起こりえりそうです。

Github 開発進捗

Githubのコミット履歴を見ると、開発自体は順調に進んでいるようです。
直近1ヶ月では、33人がコミットしているので、稼働人数も多く、開発の進捗も共有されています。


Grinのプロジェクト自体は、評価されていて順調ですが、以上のような不安要素があることも確かです。


この記事に関連するキーワード